社会福祉法人青い鳥は、幼児期から成年まで障害児・者のライフステージに沿った丁寧な支援を行っていきます

青い鳥で働く多様な職種

青い鳥で働く多様な職種

社会福祉法人青い鳥では様々な職種が働いています。ここでは主な職種について簡単なご紹介と、各職種の一日の業務の流れや詳細を確認できる資料をご用意しました。是非ご確認ください!

保育士・児童指導員

療育センターの通園課や児童発達支援事業所でお子さんに対して直接支援を行い、日常生活全般を支援します。また、ご家族の相談に応じたり、保護者向けの勉強会を開催したり、地域の幼稚園や保育所を訪問して、お子さんの様子の確認や情報交換をするといった間接支援も重要な業務です。

保育士・児童指導員の一日を確認する!

ソーシャルワーカー(療育)

療育センターを利用するお子さんとそのご家族の相談を受けて、他の職種や関係機関などと連携しながら、ニーズと状況に合わせてサービスの調整等を行っています。お子さんとご家族が地域で安心して過ごせるよう支援しています。

ソーシャルワーカー(療育)の一日を確認する!

ソーシャルワーカー(就労)

障害のある方々の就労に関する相談に応じ、支援を行います。
お話を伺いながら、一人ひとりに合った「働く時間、通勤距離、仕事内容」などの希望と職業能力・適正を考え、就労をサポートしていきます。

ソーシャルワーカー(就労)の一日を確認する!

作業療法士

青い鳥で働く作業療法士は、遊びを通してお子さんの発達を促します。
見たり、聞いたり、さわったり、跳んだり、揺れたり、転がったり…。
自分の身体を使って遊ぶこと、またその中で人と一緒に楽しく遊びながら、運動や感覚、コミュニケーションの土台を育てていき、生活の中で必要な食事や着替えなどの身辺動作の獲得にもつなげていきます。

作業療法士の一日を確認する!

理学療法士

青い鳥の理学療法士は、運動発達の遅れや障害のあるお子さんに対して、基本的な動作や姿勢保持ができるように練習したり、関わり方や椅子・車いすなどの環境を工夫することを主な仕事としています。

理学療法士の一日を確認する!

言語聴覚士

青い鳥の言語聴覚士はお子さんの聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や構音の障害、吃音など、ことばによるコミュニケーションの問題に対して、評価、指導、助言、その他の支援を行います。医師や歯科医師の指示のもと、摂食嚥下指導も行います。外来や通園での仕事の他、地域の関係機関とも連携しています。

言語聴覚士の一日を確認する!

臨床心理士・公認心理士

お子さんの年齢や保護者の方の主訴に合わせて、発達検査を行います。検査の選定、実施、報告書の作成により、保護者の方にお子さんの状態像や発達特性をお伝えします。また、お子さんの発達特性をふまえ、園・学校で必要な支援を家庭でも活かせるような形で個別に支援を行うこともあります。園や学校などの関係機関を訪問する地域支援や、保護者に対して様々なテーマで勉強会なども実施しています。

臨床心理士・公認心理士の一日を確認する!

看護師(外来担当)

外来(小児科・児童精神科・耳鼻咽喉科・リハビリテーシ ョン科・摂食外来)の診療補助、診療予約、相談(窓口・電話)、他部門との調整などを行います。

看護師(外来担当)の一日を確認する!

看護師(通園担当)

通園されるお子さんの健康面に関する相談や援助を行います。その他、内科検診、耳鼻科検診、歯科検診、検尿なども行います。医療機関の受診が必要な場合は、地域の病院の情報提供を行い、かかりつけ医を探します。

看護師(通園担当)の一日を確認する!

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 青い鳥 All Rights Reserved.